飲み会のマナー

飲み会のマナーは、やはり、楽しく飲むというのが大事なので、人の悪口などは避けることです。

 

もし人が悪口を言っていたとしても、聞き耳を立てたり、勢いでつい口を挟んでしまってはいけません。

 

興味津々になりがちですが、積極的に参加するのは控えましょう。話をふられてしまった時は、適当に相槌を打っておくべきです。

 

仕事の席上の飲み会なら、話しが人事や個人の評価に関わるような話題になった時は、さりげなく席をはずすのもマナーの1つです。偶然耳にしてしまった重要な情報は、安易に他人に話すべきではなく、そうすると、口の軽いヤツという悪い評判が立ちます。

 

飲み会のマナーとしては、場を盛り上げるためにも、お座敷なら、中盤になって席の移動をすることも大事です。

 

せっかくのお酒の場なので、自己紹介を兼ねて話をすれば、距離が縮まります。まずは、自分から打ちとけようと思う気持ちが大切です。

 

また、新入社員の場合は、飲み会のマナーとして、お酌をするのは当然です。あいさつをしながら、さらっとお酌をするのがコツで、それが自然にできれば、自分の存在をアピールできることにつながります。

 

幹事をしてくれた人には、感謝の気持ちを込めてお礼を言うこともマナーとして忘れてはいけません。

Comments are closed.